不倫・慰謝料問題でお悩みの方へ不倫慰謝料の減額交渉

弁護士法人ライズ綜合法律事務所

不倫・慰謝料問題でお悩みの方へ
不倫慰謝料
減額交渉

突然の慰謝料請求が届いたら

不倫慰謝料の

交渉に強い弁護士

まずはご相談ください

相談料0円法律相談実績30万件以上 最短即日解決

※2024年5月時点

こんなお悩み
抱えていませんか?

突然内容証明が届いて
どうすればいいかわからない

高額な慰謝料請求があり
減額したい

一方的に書類にサインを
させられ取り消したい

職場や家族にばれずに
解決をしたい

ご安心ください
弁護士に相談することで
解決が可能です

弁護士に依頼するメリット

  • 交渉のストレス減少
    交渉は弁護士が行うので、直接連絡を取り合う必要がなくなります。
  • 更なるトラブル回避
    今後起こりうる問題を未然に防ぐことができます。
  • 慰謝料金額の減額
    適正な慰謝料額を計算でき、ほとんどの場合減額することが可能です。

感情的になり内容証明を無視したり、提示された金額をそのまま支払ってしまうことなどは大きなリスクです。

まずは落ち着いて
弁護士にご相談ください

【相談料無料/全国対応可能】

まずはお気軽にご相談ください

ライズ綜合法律事務所が
選ばれる5つの理由

  1. 01

    相談は何度でも無料

  2. 02

    不倫慰謝料請求チームがサポート

  3. 03

    30万件を超える法律相談実績※2024年5月時点

  4. 04

    全国対応可能

  5. 05

    プライバシーは徹底厳守

  1. 理由01

    相談料は無料
    費用が掛からず何度でも

    当事務所では、安心してご依頼いただけるよう、無料相談は何度でも可能です。まずは時間・費用を気にせず些細なことでもお気軽にご相談ください。

  2. 理由02

    資格を持った
    不倫慰謝料請求チーム
    トータルサポート

    ライズ綜合法律事務所では不倫慰謝料請求チームを持ち、担当スタッフ全員が夫婦カウンセラーの資格を有しております。

  3. 理由03

    30万件を超える法律相談実績
    経験豊富な弁護士が
    交渉から解決まで対応

    豊富な実績とノウハウがありますので、交渉から解決までご依頼者さま一人一人に合った適切な解決策の提示が可能です。安心してご相談ください。

    ※2024年5月時点

  4. 理由04

    日本全国どこでも対応
    オンライン相談も可能

    日本全国どこでも対応可能ですのでお気軽にご相談ください。またオンラインでの相談も受け付けています。

  5. 理由05

    プライバシー管理を徹底
    家族・会社にばれずに解決

    依頼者様の情報が外部に漏れることはありません。ISO 27001認証を取得、また情報漏洩対策として仮想化技術「Parallels Remote Application Server」を導入しています。

【相談料無料/全国対応可能】

まずはお気軽にご相談ください

ライズ綜合法律事務所の
減額交渉実績

  1. CASE01

    Iさん(20代/女性)

    職場の同僚と不倫

    交際男性の妻から
    200万円の慰謝料請求

    170万円の減額に成功

    減額
    金額

    170万円

    Iさんは、職場の同僚男性から、「妻と離婚した」と告げられ、その後意気投合し交際することになりました。
    しかし後日、交際男性の離婚が成立していないことが発覚。すぐに交際を解消しましたが、交際男性の妻の代理人弁護士から、「不倫の慰謝料として、金200万円を支払え」という書面が送られてきました。
    Iさんは、突然の高額な慰謝料請求にとまどい、今回のことを何とか円満に解決したいと、当事務所にご相談をいただきました。
    弁護士から、相手方夫婦が本件が原因で離婚に至ったとしても、その責任は男性側にあり、あくまでIさんは騙された立場であると主張し、慰謝料200万円は高額すぎる金額であると交渉を進めました。
    しかし、当初相手方代理人弁護士は、「同じ職場の同僚であれば、離婚したか、していないか知る方法はいくらでもある」と、Iさんにも責任があると、こちらの主張を認めませんでしたが、事細かに説明を行い、粘り強く交渉した結果、慰謝料30万円で和解をすることが出来ました。

    POINT

    不倫相手から騙されていたケースでも、相手方がこちら側に過失があると、争ってくる場合は多々あります。弁護士にご依頼いただくことで、正しい主張をし、過失についても十分に争うことが可能です。

    詳しく見る
  2. CASE02

    Eさん(30代/女性)

    職場の同僚と不倫

    交際男性の妻から
    500万円の慰謝料請求

    450万円の減額に成功

    減額
    金額

    450万円

    Eさんは、同僚である男性に仕事の悩みを相談していく内に、その男性に惹かれてしまい不倫関係に発展してしまいました。実は、交際相手の妻も職場の同僚であり、三者とも同じ職場内で働く関係であったことから、早々に交際相手の妻に不倫の事実がばれてしまいました。
    その後、交際相手の妻から「不倫の慰謝料として500万円を支払え」「支払わないと職場や(Eさんの)家族に不倫のことを話す」「裁判も検討している」などの内容のメールが何通も送られてきました。相手の感情を逆なでし、職場や家族にばらされることを恐れたEさんは、当初弁護士に相談することをためらいましたが、自身で対応することに限界を感じ、当事務所にご相談をいただきました。
    500万円という高額な慰謝料は払えない、でも裁判は避けたいとのEさんの意向を組み、弁護士が相手方と慎重かつ粘り強く交渉を行った結果、職場や家族に知られることなく、慰謝料50万円で和解を成立させることができました。

    POINT

    今回のように、不倫相手の配偶者から執拗に連絡が入るケースもあります。当事務所にご依頼いただければ、慰謝料の減額交渉だけでなく、相手方と直接やりとりするストレスからも解放されます。浮気・不倫の慰謝料トラブルは、当事務所にご相談ください。

    詳しく見る
  3. CASE03

    Hさん(40代/男性)

    職場の同僚と不倫

    交際女性の夫から
    380万円の慰謝料請求

    170万円の減額に成功

    減額
    金額

    280万円

    Hさんは、同僚である女性と不倫関係に。交際開始から1年が経過した頃、突然、交際女性の夫の代理人弁護士から連絡がありました。代理人弁護士から「不倫の慰謝料と、調査に使った探偵費用を合わせた額380万円を支払え」「回答次第では、即刻裁判を起こす」と強い口調で請求を受けました。Hさんは、高額の慰謝料請求と裁判という言葉に驚き、自身で対応出来ないと当事務所にご相談をいただきました。
    Hさんによれば、相手方夫婦は離婚することが決定しており、穏便に解決したのちには、交際女性と一緒になりたいとの希望がありました。
    弁護士からは、交際女性と一緒になるなら、Hさんと交際女性が連帯して慰謝料を支払うことで、一挙的な解決の途を提案し、相手方代理人と交渉を重ねた結果、連帯して慰謝料100万円を支払うことで和解が成立しました。

    POINT

    今回のように、不倫相手の配偶者が依頼した弁護士から直接慰謝料請求の連絡が来る場合があります。ご自身で対応すると、相手方に有利な条件で話を進められたり、裁判を引きかえに高額な慰謝料を支払ってしまう可能性があります。当事務所にご相談いただければ、現状を的確に判断し、ご依頼をすべき事案であるかどうかも判断させていただきます。

    詳しく見る

【相談料無料/全国対応可能】

まずはお気軽にご相談ください

慰謝料問題は弁護士への依頼が
解決の近道です

慰謝料交渉を自分で進めた場合の失敗例

  • 適正な相場がわからず、相場より高い金額で示談してしまった。
  • 相手を怒らせてしまい、家族や会社にバラされてしまった。
  • 請求を無視した結果、裁判となり給料を差し押えられてしまった。

※下記の場合は弁護士への依頼で
慰謝料を減額できる可能性が高くなります。
まずはお気軽にご相談ください。

CHECK

  • ・不倫を理由に離婚・別居をしていない
  • ・結婚している期間が短い
  • ・相場よりも高額な慰謝料を請求された
  • ・不倫期間が短い
  • ・慰謝料を払う経済力がない
  • ・既婚者同士の不倫 (W不倫) だった
  • ・自分だけに慰謝料が請求された

慰謝料相場

  • 全体の相場
    50万~300万程度
  • 離婚に至らなかった場合
    50万~100万程度
  • 離婚に至る場合
    100万~300万程度

【相談料無料/全国対応可能】

まずはお気軽にご相談ください

解決までの
4ステップ

  1. STEP 1

    まずはお電話ください

    所要時間10分程度

    まずはお電話ください。いつでも無料で受け付けています。お気軽にお電話ください。

  2. STEP 2

    弁護士との法律相談

    ご相談内容をお伺いして、法的なアドバイスをお伝えさせていただきます。

  3. STEP 3

    契約‧交渉

    契約後、ご相談いただいた内容をもとに弁護士が相手方との交渉を進めてまいります。安心してお任せください。

  4. STEP 4

    解決

    相手方との和解が成立したら、和解書などの書面作成を行ってまいります。解決後のご相談もお気軽にご連絡ください。

費用体系

相談料

0

着手金

22万円
(税込)

成功報酬

減額した金額の17.6%

※その他事務管理費等を別途申し受けます。

【相談料無料/全国対応可能】

まずはお気軽にご相談ください

よくあるご質問

不倫の慰謝料相場はどのくらいですか?

裁判所の手続きを踏んで離婚慰謝料を決める場合、離婚理由にもよりますが、一般的な相場は50万~300万円となります。

弁護士から内容証明が届きました。無視したらどうなりますか?

弁護士からの内容証明が届いた場合、無視すると問題が大きくなる可能性があります。内容証明は法的な手続きの一環であり、重要な通知書です。無視することで、訴訟手続きが進行し、裁判所からの命令や判決が下される可能性があります。その結果、慰謝料請求訴訟が提起され、貴方に不利な判決が下される可能性があります。したがって、内容証明を受け取った場合は、直ちに弁護士に相談し、適切な対応を取ることが重要です。

会社や家族に知られずに解決することは可能ですか?

会社や家族に知られずに進めることは可能ですが、そのためには慎重な対応が必要です。弁護士は個人情報やプライバシーを守る法的義務がありますので、安心して相談できます。
また相手方との合意に基づいて和解金の支払いや解決を進める際に、秘密保持契約や非公開の合意書を取り交わすことが一般的です。

弁護士に依頼すると何をしてくれるのですか?

主に以下の対応を行います。
法的アドバイス: 状況を詳しく調査し、適切な法的アドバイスを提供します。

和解交渉: 相手方との間で和解交渉を行い、慰謝料の金額や支払い条件などを取り決めます。

訴訟代理: 必要に応じて、訴訟手続きを代理します。弁護士は適切な法的戦略を立案し、あなたの代理として裁判所で証言します。

交渉のサポート: 交渉の過程でサポートし、不安や疑問に対処します。また、相手方からの提案や要求に対する適切な対応で、円滑な交渉を促進します。

どのタイミングで無料相談を申し込むべきですか?

問題が発生したタイミングで速やかに相談いただくのがおすすめです。
不安や疑問があるなどのタイミングでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

お名前必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

住所(市区町村)任意

慰謝料請求された額必須

請求相手夫婦の婚姻状況必須

お問い合せ内容必須

運営事務所情報

ライズ綜合法律事務所

弁護士法人ライズ綜合法律事務所
代表弁護士 田中泰雄
第一東京弁護士会所属 第25485号

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-9-1 日本橋三丁目スクエア12階
電話番号 0120-157-888

Copyright (C) 弁護士法人ライズ綜合法律事務所.
All Rights Reserved.

全国対応可能!まずはお気軽にご相談ください。

無料電話相談ダイヤル
タップすると電話がかかります