弁護士法人ライズ綜合法律事務所

トップイメージ

債権回収手続きの流れ

  • 1

    現状把握

    債権回収の概略をご説明の上、債権内容・状況を確認させて頂きます。
    債権分析をした上での御見積が必要な場合には秘密保持契約を締結の上デューディリジェンス(債権内容調査)を実施させて頂きます。

  • 2

    回収方針の立案

    クライアント様及び幣所との間で債権回収の委託の可否を検討。
    双方合意に至りましたら、回収方針と回収業務フロー(処理手順)をお打ち合わせしてクライアント様に最適な回収仕様を決定。
    業務委託契約書を締結させて頂きます。

  • 3

    回収業務開始

    クライアント様から債権データ・資料等をお預かりし幣所債権管理システムにデータコンバート致します。
    回収開始に当たり相手方に通知文書を発送する場合には、事前にクライアント様に通知文書案の内容をご確認頂きます。

  • 4

    請求

    適正調査に従って、適切な敷金額の請求を開始いたします。

回収業務フロー

回収業務フロー
  • anab accredited
    eqa (債権回収部門)

    弁護士法人ライズ綜合法律事務所は、クライアント様の情報資産を脅威からお守りしリスクを最小化するため、情報セキュリティシステム(ISMS)につきISO 27001認証を取得しております。

  • Parallels Remote Application Server

    弁護士法人ライズ綜合法律事務所は、情報漏洩対策として仮想化技術「Parallels Remote Application Server」を導入しております。

お悩みをお聞かせください

弁護士法人ライズ綜合法律事務所は、ご依頼者様にとって最も良い解決方法を提案致します。